Make your own
digital musical instruments,
music effector,
and
sequencer.

"sigboost" is programmable digital musical instrument. You can design music synthesizer or music effector using "Cycling'74 Max", and you will get hardware synthesizer or effector instantly using our "sigboost HLS".

"sigboost HLS" converts from "Cycling'74 Max" source code to HDL (sourcecode of circuit description) , and synthesis RTL and implemetation to FPGA automatically. The synthesizer or effector that your designed, works as circuit completely so that works with hi-performance and low-latency.

will launch this project in feburary 2016.

Overview

"sigboost" は「プログラマブルなハードウェア楽器」を開発するためのフレームワークです。

あなたはCycling'74社の20年の歴史あるヴィジュアルプログラミング言語 "Max" を用いてPC上で自分だけの楽器を開発し、sigboostを使用することでこれをスタンドアロンなハードウェア音源、およびエフェクターとして動作させることができます。

ハードウェア化されたあなたの楽器は、プログラマブルなLSIである "FPGA" を用いてデジタル回路として実現されるため、安定して高速に動作し、あなたのパフォーマンスを堅実にサポートします。

sigboost HLS System

高位合成/論理合成システム。MaxパッチからHDLへの合成、さらにVivadoによる論理合成を行い、Processorに書き込むためのバイナリを出力します。サーバー上で動作します。

sigboost Processor

ハードウェア筐体。プロトタイプでは、MIDI 1IN/1OUT、Audio 1IN/2OUTをサポートします。

Fully Max Compatible

sigboostはUSBを介して、Cycling'74 Maxとのメッセージ/シグナルの双方向の通信を行うことが可能です。このため、自分のMaxパッチの任意の部分をsigboostによってハードウェア化を行い、協調動作させることが可能です。

2 Way to GO

with Max

あなたはCycling'74 Maxのユーザーですか? もしそうなら、自分だけの楽器/エフェクターをMaxで開発し、これをsigboostによってハードウェア化することが可能です。

standalone

そうでなくても大丈夫。あなたは他の方が作成したsigboost Processor用のバイナリファイルを使ってProcessorを様々な楽器として利用することができます。

How to Use

1

2

3

  1. sigboostのサポートページの情報を参考にしながらMaxパッチを作成し、それをフォームからサーバーにアップロードしてください。30分から1時間程度で変換が完了します。
  2. バイナリファイルをダウンロードして、それをMicroSDに書き込んでください。
  3. さいごに、そのMicroSDをsigboost Processorに挿入して、電源を入れれば、あなたの楽器が完成します。

※ sigboostは開発中につき、変換の機能をご利用いただくことができるのは、一部のテストユーザーの方のみとなります。もし我々にご協力頂ける場合、またこのプロジェクトにご興味があれば、support@sigboost.audio もしくは Twitter @sigboost までご連絡ください。

Acknowledgements

Credits

Kai Aoki Project Leader, Hardware/Software Developer
Yoshihiko Ozaki Software Developer
Masaya Tsuruta Graphic/Product Designer, Web Developer
Akihito Fujii Project Manager